歯科医院様へ

デジタルデンタル

デジタル処理による歯科技工

私どもラボでは、来るべき歯科技工のデジタル化の波に初期の頃から対応してきました。
非常に特殊なノウハウを必要としその技術の開発に投資を行い、現在に至るのです。
また、非常に高価な専用の機器を必要とします。
そこは、私どもラボを認めていただいたストローマンの協力を得て技術開発に取り組んでおります。
また、歯科医療の発展により、従来は金属による補綴修復が主流だったが 現在ではそれを代用するマテリアルがでてきました。
そのマテリアルを有効に使うために、デジタル化を必要とします。



歯科医院様にて


口腔内スキャナーにて、口腔内のデータを取得します。



弊社ラボにて


歯科医院より口腔内データを頂き、CADへ取り込みます。
そして、独自のノウハウを駆使して口腔内モデルを作成します。
歯科医院からの指示どおりに、歯のデータを作成します。



CAMセンターにて


作成された、歯のデータから、素材からの削りだしを行います。
※弊社ラボでは、CAMのことなら、非常に信頼を寄せる東京都の有限会社中央ラボ様と提携をしております。



弊社ラボにて


口腔内モデルで削り出した歯のすり合わせ調整を行います。
口腔内モデルと削り出した歯を納品します。



歯科医院様にて


患者様へ施術



この様な一連の流れにより、歯を作成します。
デジタル化により、スピーディーに正確に納品することが可能となっております。
その「スピーディーに正確」というところは、デジタル化の初期段階から携わってきた弊社ラボのノウハウの蓄積が活きてきます。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

0946-21-0636